天然の栃の木目が楽しめる、漆塗りのお椀「木目椀〈栃〉」。木のぬくもりが感じられるお椀です。 | 佐藤善六漆器店

2021/10/14 13:00



木目を活かして仕上げた、木の温もりの感じられる「木目椀〈栃〉」



汁椀というと、黒や朱の漆塗りのお椀が、思い浮かべられるのではないでしょうか?


今回ご紹介するのは、擦り漆という技法で、木地に漆を何度も擦り込んだ「木目椀」です。


漆器のベースは、天然の木材を使用しているのですが、漆で塗り上げてしまうと、木目が隠れてしまいます。


擦り漆であれば、木目を活かして、仕上げることができるので、より木の温もりを感じることができます。





内側は、朱漆でしっかりと塗り上げていますので、安心してお料理を盛り付けていただけます。




世界に1つだけ、1つ1つ異なる天然の木目が楽しめる「木目椀」


木目椀〈栃〉は、木地を国産の栃の木材から削り出し、天然の生漆を何度も擦り込んで、仕上げています。

天然の木材ですから、世界に2つとない1つだけの木目をお楽しみいただけます。

また、はっきりした木目が出る、欅を使用して作った、木目椀〈欅〉もあります。

はっきりした木目がいい方は 木目椀〈欅〉がオススメです。






木目椀〈栃〉



[ サイズ ] ø11.7 × h5.8cm

[ 容 量 ] 約270cc(満水)

[  色  ] 摺内朱

[ 素 材 ] 天然木〈栃〉、天然漆

[ 製 造 ] 日本製(秋田県 川連漆器)



1872年(明治5年)創業、伝統的工芸品 川連漆器を製造する佐藤善六漆器店の商品です。

天然の木地に、天然の漆を、職人の手により一つ一つ丁寧に塗りあげています。



<川連漆器の歴史>


川連漆器の始まりは、今をさかのぼること約八百年前の鎌倉時代、源頼朝の家人で稲庭城主の小野寺重道の弟、道矩が、古四王野尻大舘(現在の秋田県湯沢市川連町大舘)に居住し、豊富な木材と漆を用い、家臣に内職として武具に漆を塗らせたのが始まりと言われております。

江戸時代初期、本格的に漆器産業が始まり、後期には藩の保護の元、椀・膳・重箱など幅広い生活用品がつくられ、沈金・蒔絵などの加飾が加わりました。

また、明治初期にはさらに新しい技術開発が行われ、今日の川連漆器の特色である堅牢な漆器が作られるようになりました。

昭和五十一年十二月に、国の伝統的工芸品の指定を受け、今では全国でも有数な産地として成長しております。